値段が安い包茎手術にリスクはあるのか

仕上がりは安い包茎手術で考えられるリスク

安い金額の包茎手術を受けた際のリスクとして考えられるのは、手術後の仕上がりです。
医師の技術や経験が不足していると、包茎手術の傷跡が残ったりして見た目が悪くなります。
見た目が悪いと不自然になってしまうので、包茎手術を受けたと簡単にバレてしまいます。
友達と温泉や海に行ったときに馬鹿にされたくない、恋人の前で恥ずかしい思いをしたくないといった気持ちは、包茎手術を受ける男性に共通する思いです。
しかし仕上がりが悪くすぐに包茎手術を受けたとバレてしまうような状態になったら、友達から馬鹿にされたり恋人の前で恥をかく可能性があります。
値段と技術力は直結しやすいので、安い金額に騙されず確かな腕のある医師が包茎手術をしてくれるのか見極めることが大切です。
安い値段でも技術力が高く実績も豊富な医師が担当してくれるなら、仕上がりに対するリスクは減って、綺麗な状態になり術後の仕上げにも納得できるでしょう。

危険性が高い安い金額の包茎手術

手術後の仕上がりが悪いだけでも問題ですが、金額の安い包茎手術は命の危険に関わることもあります。
衛生状態が悪いクリニックで包茎手術を受けると、その後に感染症などの病気を引き起こす可能性があります。
命の危険に関わらなくても、ペニスが壊死してしまったトラブルも過去には起きています。
優良なクリニックでは感染症対策を行い、医師の技術も高いのでミスが起きる可能性は低いです。
しかし包茎手術の金額が安いクリニックは感染症対策が不十分だったり、医師の技術力不足からミスが起きてしまうリスクは高まります。
万が一トラブルが起こっても、優良なクリニックではしっかりとアフターケアを行い治療も行ってくれるでしょう。
ですが悪徳なクリニックはトラブルが起きても満足な治療を行わないので、症状が進行しペニスの壊死といった結果に繋がってしまいます。
包茎手術は体に負担をかける医療行為ですから、安全性には細心の注意を払いましょう。

まとめ

包茎手術を受けるなら、少しでも安い金額の方が良いと考えるかもしれません。
特にお金の少ない学生なら、値段で包茎手術を受けるクリニックを決めてしまうのは仕方がないかもしれません。
しかし安い金額につられて悪質なクリニックを選んでしまうと、さまざまなトラブルに見舞われるリスクも高まります。
金額が安いことも重要ですが、術後に後悔しないためにも適正な金額で包茎手術を行っている、信頼や実績も考えながら選んでください。

包茎手術の値段が安いクリニックの探し方

包茎手術の値段はクリニックによって違う

風邪などで病院にかかる時に、費用の安いところを選ぶ人は少ないと思いますが、包茎手術の場合にはクリニックによって金額が異なるのが普通です。同じ手術を選んだときの金額が違うということもありますし、提案される包茎手術や治療法が異なる場合もあります。包茎手術は自由診療と言って、クリニックが独自に金額を設定することができる仕組みになっています。
インターネットでクリニックのホームページを見ると、包茎手術の金額についてこの金額からとなっていることが多いです。見てる方は、値段を出ている金額で比較してしまうのですが、実際には自分の状態に合わせた手術や治療が必要になるため、掲載されている最低の金額よりもお金が掛かってしまうということはよくあります。また治療の必要性がある包茎の場合には、保険適用になることもあり、医師の診断が必要です。保険適用になると金額をおさえることができますが、判断は医師が行うことになります。

包茎手術の値段が安いクリニックの探し方

包茎手術の値段は、クリニックによって異なるため、安いクリニックの探し方としておすすめなのがカウンセリングを受けることです。実際にクリニックへ行き、ドクターに自分の状態を確認してもらうことができるため、自分の場合にかかる金額をほぼ正確に知ることができます。手術の方法の説明や治療法の提案などをしてもらうことができ、金額も知ることができるのでおすすめです。
包茎手術の値段が安いクリニックを探す時には、安そうなところをねらうのではなく、評判が良く安心できそうなクリニックを選んで、その中で金額を比較することをおすすめします。包茎手術は、自分の身体や気持ちに関わる大切な手術です。納得できて、安心できるクリニックを選ぶことが重要なので、評判が良いクリニックを3つ以上選んでカウンセリングを受け、金額が安いところを選ぶようにしましょう。またカウンセリングを受けることによって、自分の場合の費用を知ることができることに加えて、ドクターとの相性も確認することができるというメリットもあります。

まとめ

包茎手術を受けようと考えているなら、3つ以上のクリニックのカウンセリングを受けて、費用はもちろん自分とドクターの相性や説明の分かりやすさ、クリニックの雰囲気などをトータルで比較することをおすすめします。
包茎手術は1度の通院で終わるものではなく、何度か通うことになるため、クリニックやドクターの雰囲気や相性が自分に合うことは大変重要です。カウンセリングを受けて費用を比較するときには、手術の前と後の受診にかかる費用なども含めた総額を確かめておきましょう。

同じ包茎手術でも医院・クリニックによって値段の安い高いはある

選ぶ医院やクリニックで値段に差が出る

包茎手術を受ける場合には、選ぶ医院やクリニックによって金額に差が出ます。医院とクリニックではそれほど差が出ないのは、保険適用される治療ではないからです。大体の相場を確認すると安ければ7万円程度から治療することができ、症状や術式によっても差があります。1回受ければ理想の状態になることも多いので、値段だけに惑わされることなく、きちんと仕上げてくれる施設を探すことが重要であり、評判の良いところは口コミでも多くの意見を確認できます。
実際に受ける時に施設を絞り込む際、金額を条件にすることがありますが、多少の差なら腕の良い医師のいるところを選択するのが得策です。同じ術式でも、腕の良い医師に行ってもらうとリスクが少ないですし、様々な包茎手術をこれまでに行っているためにもっとも良いアプローチができます。最近では包茎手術自体は珍しくはなくなっているため、気軽な気持ちで安いところを選んでしまいがちですが、金額からだけでは分からない部分もあります。

症状による金額の差を理解する

重度の包茎であれば包茎手術を受けるのに保険が適用されるケースもありますが、ほとんどの所では保険適用外で高額です。相場を調べる時には症状別の金額をリサーチするのがお勧めであり、仮性包茎手術では7万円程度が相場です。カントン包茎の場合には10万円から15万円程度となっていて、症状の度合いによって料金に幅があります。真性包茎の治療がもっともお金がかかり、どこでも15万円が必要になることを覚えておきましょう。
比較してみて安いと思っても、実際は比較対象となっている症状が違っていて、同じ手術なら変わらないことが多いようです。安全に包茎手術を受けるためには安さだけでは選べませんが、予算が分からないと実際の治療に進むこともできません。ですから、気になったらいくつかの施設で相談してみて、実際にどの程度の処置が必要になるなのかやかかる費用を確認した上で、どこにするのかを決めるのが得策です。

まとめ

包茎手術は利用する医院やクリニックで金額に差が出ることがありますが、保険適用外であるため医院とクリニックとでの違いはそれほどありません。受ける際には安いだけで決めずに技術力のある所を選ぶのが安心であり、症状によってかかる費用が異なることも覚えておかなければなりません。予算が分からないと実際の治療には進めませんので、いくつかの施設に出向いてどの程度の処置が必要か、いくら位かかるのかを聞いた上で決めましょう。

「安い」と言える包茎手術の金額のライン

包茎手術の保険適用の有無と値段

包茎手術を受けるときには手術内容と値段がいくらになるのかを、しっかり確認することは必須です。この点を曖昧にしたままでは、金額の出費と期待する仕上がりに乖離が生じトラブルになる可能性があるからです。
まず包茎手術の金額を決定づける要素のひとつは、保険適用の有無です。包茎手術のなかでもカントン包茎や真性包茎は保険適用の対象になる場合があります。包皮の先端を切除して縫合する冠状切除術ですが、あくまで亀頭の締め付けや圧迫状態を解除するための手術で、仕上がりがツートンカラーになったり傷跡が目だつなどの問題を抱えています。
頬権適用の場合は値段は2万円ほどで、3割の自己負担で7000円ほどの値段、これに診察料や検査料などをあわせると出費は、1‐3万円ほどの安い金額で済みます。しかし日本人男性に多い仮性包茎や軽度のカントン包茎などは、保険適用外になるので全額自己負担です。手術の種類は、亀頭直下埋没術などをはじめ数種類あります。

包茎手術の値段と安いといえる金額のラインと基準

保険適用外の包茎手術では、切開部位や包茎の状態に応じて術式が選択されますが値段もそれぞれ異なります。自己負担の自由診療なので値段の金額はクリニックの判断できめることが出来るので、値段はマチマチ、安いと実感できるラインはどの程度になるのでしょうか。
まず亀頭直下埋没術、包皮内側の粘膜部位をカットして、カリ首で縫合します。見た目が自然で傷跡も目立ちませんが、価格は7-25万円とクリニックによりおおきく異なります。
背面切開法はペニスの外側からアプローチし、癒着部位を剥離した後包皮開口部からたてに切ります。包皮輪を広げるだけなので比較的軽い包茎の治療に適しています。値段の基準は5-10万円ほどです。
根部冠状切開術は、ペニスの根元から余分な皮膚をひっぱり余分な皮膚をカットします。根元に傷跡が残るので陰毛に傷跡が隠れるので目立ちません。値段の基準は15-20万円ほど。
従って包茎手術のなかで先端にメスをいれる術式は7-10万円、根元を切る術式で15万円ほどが安いラインの基準ということになります。

まとめ

包茎手術の値段を決めるのは保険適用の可否にあります。保険適用の術式はあくまで圧迫上体などの改善をめざすもので審美的仕上がりに満足できないことも。これに対して保険適用外の包茎手術は、仮性包茎なども含めて、見た目も性的感度もより高い満足度を期待できます。しかし全額自己負担の自由診療になるので、事前に手術内容と価格の基準を確認しておくことが必須です。保険適用外の包茎手術のラインは、7-25万円ほどですが、オプションの治療を選択するとさらに金額は加算されることになります。